BESS『程々の家 倭様八風』仮の宿り計画

家居のつきづきしく、あらまほしきこそ、仮の宿りとは思へど、興あるものなれ

BESS 『程々の家 倭様八風』仮の宿り〜役所の仕事っぷりにカミさん激怒編②〜

 皆様ご無沙汰しております倭様八風ブロガー星の屑です。

今回は前回の続きです。

新生児検査費用の還付金の手続きで並んだ窓口が違っていまして、カミさんが役所の職員にブチ切れたところまででした。 

bess-yamatoyo.hatenablog.com

 
この日はやることがたくさんあるのに初っ端からこのつまずきよう。

日没までにやることリスト完遂できるのか。

ちなみにこちらがそのリスト

 

 自治体でやることリスト

a新生児聴覚検査の助成費用をもらう

b児童手当資格消滅手続き

c転出届証明書をもらう

 

〜車で移動〜

 

自治体でやることリスト

d転入手続き

e児童手当申請

F 新住民票及び印鑑証明書の発行

 

〜車で移動〜

 

g司法書士事務所へ新住民票及び印鑑証明書提出

 

 
さて話を戻すと今の時刻は既に12時近く。

一つも終わってない。やばい。

隣では険悪なオーラを身に纏ったカミさんが正しい窓口へずんずん歩いて行きます。

悪いのは案内のおばちゃんなのに(この時点ではあのババアと呼んでいましたが笑)、窓口の若いお兄ちゃんに怒ってすみませんでした。

 

幸い連絡をしてくれていたのか、育児支援の窓口では待ち時間無くすんなり手続きをしてくれました。

子供関係の移動を済ませ、旧自治体での手続きも後は転出証明書をもらうだけとなりました。

 

持ってて良かったマイナンバー

なんとマイナンバーを持っていたら紙による転出証明書をもらう必要がないのですね!

市民課の職員によると、この窓口で手続きが完了するため転入先にはマイナンバーカードを持って行くだけで良いとのこと。

つまり紙の証明書の発行を待つ必要なし。

日本国民の13%しか普及していないといわれるマイナンバー持っててよかった。

 

「よし時間を取り戻した!」

 

と、残念ながらこれはぬか喜びだったと数時間後に思い知ることになるのですが今は知る由もなく。

最後まで本当に怒らせてくれたかつての役所。

これまで何回も頭にきたことがあったので今回が本当の別れとなるとせいせいしますね。

まぁ役所とはこんなもんだと言われればそれまでですが。

 

いざ行かん新大陸へ!

 

と旧自治体を後にします。

道中アパートに寄りチビのオムツ交換と授乳を済ませ、新自治体へ向かいます。

このペースでいけば営業時間までに司法書士事務所に到着できる、とタカを括っていました。

意気揚々と新自治体の市民課へ向かいます。

転入届に必要事項を記載しマイナンバーカードを窓口にバーンと提出しました。

 

それはもうこれから死ぬまでお世話になります、お願いします、との気持ちを込めて。市長さん職員さんにね。

そして窓口の職員さんが「ようこそ我が町へ。過疎化の進む当自治体へよくぞおいでくださいました。星の屑さんたちのような若い世代の移住を心からお待ちしておりました。わたくしたちと一緒にこの街を盛り上げていきましょう!」と熱い言葉で出迎えてくれてさらに固い握手をしてね、

なんてものは幻想でした。

返ってきた言葉は

 

「転入は受理できません」

 

背中がひんやりしました。

背後で赤ちゃんを抱っこした妻が氷の女王のような目をしてまっすぐとこちらを見ています。

 

f:id:xray-stardust:20200207215026j:plain

Photo by Mallory Johndrow on Unsplash

 

自治体での手続きも始めからトラブル発生の模様

 

 

今度は何が起きているのだ!!

無事、星の屑一家は新天地に受け入れてもらえるのか!?

 

to be continued...➡︎

 

 自治体でやることリスト

a新生児聴覚検査の助成費用をもらう

b児童手当資格消滅手続き

c転出届証明書をもらう

 

〜車で移動〜

 

自治体でやることリスト

d転入手続き ⇦イマココ!!

e児童手当申請

F 新住民票及び印鑑証明書の発行

 

〜車で移動〜

 

g司法書士事務所へ新住民票及び印鑑証明書提出

 

 

 

長文ご覧いただきありがとうございます。

不定期更新ですが次回も遊びに来てくださいませ。

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

BESS 『程々の家 倭様八風』仮の宿り〜役所の仕事っぷりにカミさん激怒編①〜

皆様ご心配をおかけしております。

この記事を書いている今、無事に引っ越しが終わり新居での生活がスタートしたところです。

いくつかトラブルがあったもののなんとかマイホームを手に入れることができました。

 

ヤッホー!!

 

これで晴れてBESSオーナーの仲間入りですよ。

www.bob-bess.jp

 

入居までの間、諸々の手続きや荷造り作業に追われブログどころではなかったのでこれから少しずつ振り返っていきたいと思います。

 

1月の振り返りで何話か記事を稼ぎたいと思います笑

 

本当に1月“も”記憶がありません。

いつのまにか2月になろうとしています。というかなってしまいました。

年末は山へ芝刈りに行きましたが、これくらいまでの記憶はなんとなくありますね。

前回記事をどうぞ

bess-yamatoyo.hatenablog.com

 

年が明けた1月のスケジュールはこちら。

①上旬 銀行との金銭消費貸借契約&司法書士へ登記依頼

 ⬇︎

②中旬 引き渡し

 ⬇︎

③末 引越し

 ⬇︎

離散家族集合!!

(新居ができるまで妻は実家から出るつもりはございません)

 

こう見ると夢のマイホームまでいよいよ終盤に来ていますね。

 

今回、①銀行と金消契約&登記手続きについて書きたいところですがその前に住民票の移動をしなければなりません。

新住所の住民票及び実印(新規に印鑑登録したもの)が①の手続きに必要になってくるからです。

またウチの場合は同じ市区町村内の移動ではなくて自治体が変わるので若干の煩雑さがプラスになる模様。

ということで今回の記事は住民票異動にまつわる各種エピソードを記事にしようと思います。

 

とある1月上旬、有休をもらって役所巡りをしてきました。

しかし今回のミッションは普段の役所の手続きとは一味違います。

なんたっておチビ(生後2ヶ月)が同伴ですからね。

この小鬼の機嫌のいい間に全て終わらせる必要があります。

でも世の中そうは甘くありません。

数々の役所の弊害に阻まれ、

 

小鬼大絶叫&ママ役人に大激怒

 

というディザスターになりました。

 

自治体の不手際をこの場を借りて糾弾したいと思います。

そこの〇〇役所覚悟すべし!!

 

f:id:xray-stardust:20200203214218j:plain

https://unsplash.com/photos/VLg5MhJLTds

 

自治体でやることリスト

a新生児聴覚検査の助成費用をもらう

b児童手当資格消滅手続き

c転出届証明書をもらう

 

〜車で移動〜

 

自治体でやることリスト

d転入手続き

e児童手当申請

F 新住民票及び印鑑証明書の発行

 

〜車で移動〜

g司法書士事務所へ新住民票及び印鑑証明書提出

 

役所の各エリアに配置されている案内係の中年女性に産婦人科でもらったaの還付金のビラを見せ、その旨を伝えたところ保険年金課へ案内されました。

 

すでにかなり混んでおり待ちがあるとのこと。

この時点で気づいていればよかった。

そのビラをよく見ていればおばちゃんのミスに気づけたはずだった。

そう、実は私達親子は全然別の窓口に案内されていたのです。

 

そうとは知らずに寝た子を起こすなマインドでひたすら順番を待ちます。

還付金のされど3000円と思いながら赤子の寝顔ヒヤヒヤ見続けること1時間。

窓口の若いお兄さんから無慈悲な事実が伝えられます。

 

「申し訳ありませんがこれは別の棟の窓口です」

 

 

プチ

 

 

抱っこ紐が切れた音ではありません。

私の背後でカミさんの堪忍袋の緒が切れた音がしました。

 

 

果たして若い役所職員、案内のおばちゃんの運命やいかに!!

 

 

つづく

 

 

長文ご覧いただきありがとうございます。

不定期更新ですが次回も遊びに来てくださいませ。

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

BESS 『程々の家 倭様八風』仮の宿り〜「山へ柴刈りに」薪ストーブ準備編〜

みなさま

新年明けましておめでとうございます。

本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

 

さて、家ですが

年明け1月上旬に完成予定との報をいただきました。

 

8月末から本格的にスタートして年内にはほぼ工事が完了というスケジュールでした。

当初の予定から1ヶ月以上も前倒しになりましたね。

職人不足が叫ばれるのはどこ吹く風、大工さん左官屋さん塗装屋さんなどなど頑張ってもらいまして、さらに災害による遅延もなく順調に工事が進みました。

大変ありがたいことです。

 

この後の日程は 

1月中旬、金銭消費貸借契約(金消契約)

1月下旬、引き渡し&引っ越し

のメドが立ちました。

 

 

いよいよですなぁ!ヤッホー!!

 

 

して残すはアレの搬入のみとなっております。

 

アレとは。

 

そう、

 

 

薪ストーブ!

 

 

BESSといえば薪ストーブ!

 

 

なんですが、本体が設置されても燃やすものがありません。 

そこで薪を山へ切り出しに行ってまいりました。

といっても2年は乾燥に必要らしいです。

 

年末に帰省するついでに父が所有する山へ田舎のベンツを駆り出しますよ。

f:id:xray-stardust:20191230180128j:plain

ところで、

山へ柴刈りに来たものの薪って何ですかね?

ストーブ設置するならそれくらい予習しろよ、というお叱りの声が聞こえてきますがろくすっぽ調べもせず、何となく広葉樹がいいのか?というぼんやりした感じで山へ入りました。

なんでも乾燥させたらいいやろ、と簡単に考えております笑

 

BESSでは針葉樹でもしっかり乾燥させれば問題ないと教えてもらいましたが、山には広葉樹もあるのでクヌギ、樫、ナラなんかを狙っていきましょう。

 

f:id:xray-stardust:20191230180041j:plain
f:id:xray-stardust:20191230180059j:plain

左が筆者、右が母。
抱えているのはクヌギですね。

 

そう、このクヌギですが

母に「これを切りなさい」と指定された木は明らかにノコギリの太さじゃないんですよね。チェーンソーという便利なものがあるのに、なぜ人力で切り倒さねばならんのか。

(横暴なマザーめ!!)

 

30分後・・・

 

汗だくになって切りましたよ。

よし、じゃあ木を倒そうという時点で気付いてしまったのです。

木が根を張っていない、ということに。

 

??

 

つまりその木は既に切られていたのです。

地面に突き刺さっていた木に、筆者はもう一度刃を入れていたのですね。

母「あ、そういえばお父さんとこれこの前切ったわ」

 

 

チクショー!!はよ言ってくれ!!

 

 

軽トラまで担いで運んだ後、荷台に乗るサイズにまで三等分しました。

また汗だくになりました。筋肉使いすぎてあまり腕が動きません。

f:id:xray-stardust:20191230180116j:plain

細い径のクヌギも分割して持って帰ってきました。

 

しかしなぜ筆者の実家はクヌギ山があるのか。

昔はシイタケを栽培していたからなんですね。今では趣味程度に作っている様子。

元々は原木としてのクヌギにシイタケの菌を打ち込む(コマ打ち)ための山です。

 

よそ様の原木。コマ打ち後の寝かせている状態と思われますが、こんな感じ↓

f:id:xray-stardust:20191230180146j:plain

 

話はそれましたが、家に帰ってきましたよ。

そして父のチェーンソーを借りて手頃なサイズに切っていきます。

f:id:xray-stardust:20191230180024j:plain
f:id:xray-stardust:20191230180210j:plain

 

f:id:xray-stardust:20191230180158j:plain

結果出来上がった薪はコンテナ2箱分。

午後のほとんどを費やしてたったこれくらい。

実際にストーブにくべると1日も持たないでしょうね。

 

こう考えると、暖をとるのに対する薪づくりの労力は非常に合ってない。

もう薪こさえてると肉体労働で体が熱くなるからストーブいらないじゃんてなる。

なんのこっちゃわからんな。

 

だからといって薪を買うとなると結構な額になりますしね。エアコンの電気代や灯油ストーブの燃料代の方がはるかに安くつく。

 

山に薪を切り出しに行った結果、薪ストーブというのは大変贅沢な遊びというのがよくわかりました。

 

 

そして筆者が苦労して山から下ろしたクヌギの丸太ですが、

母「これは(シイタケの)原木にするから薪にしたらダメ」

 

横暴やこの母親!!!

 

筋肉と休みを犠牲にしてシイタケ栽培に体良く使われたことが判明しました。

 

なんか悔しいので

横暴オカンがヒノキの巨木に抱擁している写真でも載せておこう。

f:id:xray-stardust:20191230180220j:plain

 

ではこれにて。

長文ご覧いただきありがとうございます。

不定期更新ですが次回も遊びに来てくださいませ。

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

BESS 『程々の家 倭様八風』仮の宿り〜照明カーテン最終決着と展示場に遊びに行く〜

みなさまご無沙汰しております。

先日のことですが、はてなproを解約しました。

独自ドメイン使用不可になりURLが変更したため検索上位からは消えているでしょうが(Not Found)よくおいでくださいました。

せっかくですのでごゆるりとお過ごしください。

 

さて、前回は着工から7週目の様子をお伝えしました。 

bess-yamatoyo.hatenablog.com

bess-yamatoyo.hatenablog.com

この週までは毎週末家を見に行っていたのですが、筆者のプライベートでの環境が激変したためこれまでのように現場に足を運べなくなりました。

別に隠すことではないのですが、子供が産まれたので週末は実家で育休中のカミさん宅にマスオさんとして居候する日々。

家を見に行けない間は工事の進捗が気になりつつもオムツ交換、ミルク授乳で奮闘する土曜日曜。

 

しかしこの間、現場だけ話が進んでいただけではなく出産と前後して現場監督との照明とカーテンの最終的な調整が行われました。

以前、筆者夫婦の希望はこのように記事にまとめております。

bess-yamatoyo.hatenablog.com

bess-yamatoyo.hatenablog.com

 

カーテンについては1FはBESSプランの通りで変更なし。2Fは持ち込みで。

ただし照明は今の部屋で使っているものをそのまま設置しようかと思いましたが天井や垂木の形状から流用ができない箇所も出てきまして相談の結果、

・引っ掛けシーリング

を多用することで解決いたしました。

こんなの

f:id:xray-stardust:20191229193148p:plain

 

このように照明に若干の変更を加えつつ、建築に関わる話し合いは全て完結したのでした。

あとは建つのみ!!

 

後日、この打ち合わせとは別でBESS店舗に所用があったため展示場へ遊びに行きました。

友人と。

筆者と営業マンとの話が終わった後、すぐ移動してもよかったのですがせっかくなのでモデルハウスを覗くことにしました。

実家暮らしで持ち家のある友人は当分、家を建てる予定はないとのことでしたがドームハウスに一歩足を踏み入れたら心を一瞬で奪われてしまったようです。

ドームハウス

f:id:xray-stardust:20191229202747j:plain
f:id:xray-stardust:20191229202744j:plain

最初は怪訝な顔をしていたものの、テンション爆上げです。

筆者より展示場を満喫していらっしゃる。

f:id:xray-stardust:20191229202739j:plain

 ITベンチャー企業(イメージ)を再現。

 

ワンダーデバイス

f:id:xray-stardust:20191229202750j:plain

友人’sキッチン。料理番組を意識しております。

 

なんだかんだで友人はいたく感動し、モデルハウスを存分に楽しんでおりました。

家を建てる予定が全くない人をも虜にさせるBESS展示場、おそるべし。

 

まとめ

BESS展示場へ遊びに行こう!家を買わなくても楽しいよ。

そして心を奪われよう。

 

ここまでご覧いただきありがとうございます。

不定期更新ですが次回も遊びに来てくださいませ。

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

BESS 『程々の家 倭様八風』仮の宿り〜7週目2階の様子編〜

みなさまご無沙汰しております。

 

ゆるゆると続けております当ブログ。

しかしブログの記事更新をよそになんと現場では足場が取れております!!

職人さんたちが毎日作業してくれているのでどんどん完成に近づいております。

その割にこのブログの体たらく。

2ヶ月前の状況を報告させていただいているのですが、今回は前回の続きです。


 

前回は1階部分の紹介でしたので今日は2階をちょこっとお見せします。

f:id:xray-stardust:20191211191731j:plain

 

三角屋根の頂点にドーンと通っているのが棟木です。

棟上げの日に吊るされて以来、家の一番高いところに据えられてしまいました。

その棟木を下から見上げていますが、さすがに太いですな。

棟木から斜めに伸びる垂木もカッコ良い。

ほどほどハウスを選んだのは、この三角構造が室内から見えるという点も大きいです。

家が完成し、壁ができても垂木は見ることができます。

f:id:xray-stardust:20191211191712j:plain

 

今週は屋根の内側に断熱材を敷き詰める作業の週のようでした。

片側の屋根部分にしかまだ詰められておりません。

 

⬆︎写真の台座のようなものは高御座ではありません。大工さんの室内用の足場です。

外にある足場と異なり室内はこうやって高所作業をしているのですね。

 

天窓

f:id:xray-stardust:20191211191749j:plain

 

f:id:xray-stardust:20191211191740j:plain

角材が積まれています。まだまだ大工さんに頑張ってもらいます。

 

小窓から屋根(内側)を覗く

f:id:xray-stardust:20191211191759j:plain


はい、では今日はこれで終わりです。

7週目2階の様子でした。

特筆すべきことはありませんでしたが、たまには写真だけの中身のないあっさりした記事も良いでしょう。

 

そして職人さんたちへ。

作業中、毎度お邪魔して申し訳ありません。

でも筆者はあなた達の腕を信じとるけぇの!今後ともぜひご贔屓に。

 

さらに今後の目標として、

なんとかブログ内時間を現実時間に追いつかせたい。

更新頻度を上げるよう頑張ります。

 

 

 

ではみなさま良いお年を!!

 

 

 

ここまでご覧いただきありがとうございます。

不定期更新ですが次回も遊びに来てくださいませ。

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

BESS 『程々の家 倭様八風』仮の宿り〜7週目1階の様子編〜

みなさまご無沙汰しております。

はや12月を迎えてしまいました!

ですが、今回の記事は2ヶ月も前の状況報告となります。

10月中旬、着工から7週目の様子です。

現場の進捗状況に記事の更新が全然追いついていかないブログですが、今回もごゆるりとお付き合いください。

玄関

f:id:xray-stardust:20191116135050j:plain

玄関のドアがついておりますよ。

しかしこの玄関ドア40数万円もするみたいです。

恐ろしくて思わず「チェンジ!!」しようかと思いましたが、これは建物の本体価格込みなのでどうすることもできず。

そんなにドアにお金かけなくてもいいのに・・・。

と思っていたのですが

なんとBESS製ではなく、ユダ木工株式会社というドアを作っているところの製品でした。

f:id:xray-stardust:20191204194256p:plain

f:id:xray-stardust:20191204194252p:plain

木製ドア・玄関ドア・室内ドアの専門メーカー ユダ木工TOP

ウェブサイトを見ると大変歴史のある会社だそう。そしてオシャレ。

営業担当がドアは手仕事ですから!と言っていた意味がわかりました。

職人さんの手作業によるものでしたか。

いや、価格にひよってしまってすみませんでした。

そして今まで知らなくてさらにすみません。

むしろ素晴らしいものをチョイスしてくれてありがとうございます。

さすがお目が高いですなぁBESS氏は。

広縁

f:id:xray-stardust:20191116143419j:plain
f:id:xray-stardust:20191116135209j:plain

大型のサッシがついています。

一週間前だとこのサッシと掃き出し窓はついてなかったのですが、 最後のピースがはめ込まれたので家中の窓は全部設置完了ですね。

f:id:xray-stardust:20191116135103j:plain

壁は先週はボードがむき出しでしたが、きれいに板が張られています。

これぞ木造建築!という感じがいいですな。

 

電気設備

f:id:xray-stardust:20191116135158j:plain
f:id:xray-stardust:20191116135233j:plain

キッチンでは電気配線が垂れ下がっております。

そりゃね、こんだけ垂れてたらコードに字でも書かないとどれがどれかわからなくなりますからね。

IH、食洗機、200V ・・・なんかかわいい。

f:id:xray-stardust:20191116135245j:plain
f:id:xray-stardust:20191116135128j:plain

にしても配線は梁の中をくり抜いて通しているのですね。もう配線図の変更は無理だ。

 

風呂

ひいた構図で撮りました。

f:id:xray-stardust:20191116135116j:plain

なんかあそこの一角、異質なんですけど。

そう写真奥です。

まさかあれは

 

 

フロ!!??

 

 

近寄ってみましょう。

 

 

f:id:xray-stardust:20191116135148j:plain

 

お風呂やけん!!!

サザナやけん!!!

サザナ(SAZANA)|お風呂(バス)・ユニットバス - TOTOの浴室(バスルーム)

 

さすがユニットバス。フロのみ完成品が届いております。

まぁここで湯船に浸かるフリの一つでも、と思わないこともないですがそんなことはしません。いい大人ですし。

いい湯だなアハハン♪

 

アービバビバ!!

ここは南国 別府の湯♪

 

という具合で1階の紹介はこれくらいで終わります。

内側の壁は断熱材がまだ入っていませんので次の週には敷き詰められるのでしょうね。

 

話は逸れますが、このような結合部分は見惚れますね。

どうなっとんじゃ??

大工さんすごいなぁ。

f:id:xray-stardust:20191116135221j:plain

ここまでご覧いただきありがとうございます。

不定期更新ですが次回も遊びに来てくださいませ。

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村

BESS 『程々の家 倭様八風』仮の宿り〜6週目 柱はヤングだよ編〜

みなさまご無沙汰しております。

前の記事から3週間ほど空いてしまいました。

前回は屋根について勉強しました。  ただ屋根部分しか記事にしておりませんでしたね。

そこで、他の部分はどうなのかというとこんな具合です。

 

サッシがついております!

f:id:xray-stardust:20191019172100j:plain
f:id:xray-stardust:20191019172149j:plain

一週間前は壁がブルーシートだったのですがボードに変わっていますね。

そこにLIXILサッシがはめ込まれています。

f:id:xray-stardust:20191019172048j:plain
f:id:xray-stardust:20191019172033j:plain

まだまだサッシはすべて定位置にはないようです。

次の一週間も大工さん大活躍の模様です。壁と窓の週になりそうです。

いやしかし、設計図通りに窓枠を持ってきて木で囲って職人さんの技術には感心します。むしろそうじゃないと困るのですがやっぱり感動しますね。

 

そして何気なく撮った一枚。

柱だったと思いますが

JAS

のシールが貼ってあります。

昔からJASマークは信頼の証と勝手に思っていますが、今更ながらJASってなんですかね。ヘルメットなんかについているJIS規格とは違うでしょうし。

f:id:xray-stardust:20191019172138j:plain

JASとは
Japanese Agricultural Standardの略称で「日本農林規格」のことです。一般には加工食品などでおなじみのマークですが、集成材や合板など木材加工品にもこのJASマークを表示する制度があります。


JASと集成材
JAS規格では集成材の外面の品質だけでなく、見ただけではわかりにくい接着性能、強度性能、ホルムアルデヒド放散量などについて、試験方法と適合基準が定められています。
これら検査項目に合格する集成材にだけJASマークを表示することができ、使用者に対する集成材の品質を保証することができます。

集成材の品質保証JAS | 日本集成材工業協同組合

確かに食品類では目にするJASマーク。

日本集成材工業協同組合から引用しましたが、柱にも品質保証があるのですね。

そりゃそうなのでしょうが、自分で調べるのは大事です。うむ。

 

さて、この柱は各種検査で合格したということですが一体何のテストに受かったのですかね。

オウシュウアカマツ君は。

写真では

強度等級 E95-F315

とあります。

集成材協同組合の上記ウェブサイトにて確認したところ

 

正直よくわかりませんでした笑

 

ラミナ構成(?)によって強度の等級を分類している、のだと思われますが難しいですね。

強度等級は、曲げヤング係数(たわみにくさの指標を表すE)と曲げ強さを表すFの組み合わせの等級区分により表示されます。 E-Fの等級は樹種やラミナの構成等により何種類もあります。

集成材の品質保証JAS | 日本集成材工業協同組合

つまり

曲げヤング係数Eと曲げ強さFの値が基準以上だということでよろしいですか?

 

調べてみたものの理解できませんでしたが、ヤング係数ってなんかカッコいいですね。

突然、人から

「ヤング係数高いな!お前!」

みたいなことを言われたらよくわからないなりに褒められた気になりますよね?

俺、ヤング係数高いんや。

となりませんかね。

果たしてそれが単純に若さを表すヤングなのか、西城秀樹度を測っているのか、それともオージーロックの大御所AC/DC度を見られているのか。年代によってはレッツゴーヤングを想像される方もいらっしゃるかもしれません。

JAS的にヤングはたわみにくさなので、人に使う場合は人間ブレてないなという意味合いで受け取るのが良いでしょう。

 

それに加えて人に対しては高いF値、つまり深くこうべを垂れるスタンスでいきたいですね。人生たわまず、人には深く腰を折る。

 

なんにせよ、普段日常会話で返事に困った時には使っていこうと思います。

 

「あなた、ヤング係数高いですね」

 

しかし、YMCAを踊る時にはヤング係数低くないとCは辛いでしょう。

 

にほんブログ村 にほんブログ村
にほんブログ村